長野県の児童発達支援センターを視察しました

2018年12月1日

11/29日に波多野、沼田、中沢の3名で長野県長野市の児童発達支援センター「にじいろライフきっず」を視察し、小児在宅医療の実態を調査しました。

在宅医療中のお子さんをお持ちのお母さんと、医師・看護師を含むん医療関係者で行われてお茶会に参加し、在宅医療に潜む不便を聞き取り調査しました。

IMG_3927.JPG

視察後は亀井先生の研究室をお伺いし、人工呼吸器などの医療機器を実際に触ってプロダクトのイメージ設計を行いました。

IMG_3930.JPG

人工呼吸器と人口肺

長野で発見した課題を東京に持ち帰り、解決に取り組んでいます。小児在宅医療プロジェクトはこちらをご覧ください。